商品の一覧

商品の一覧

布志名焼耳付茶入 歌銘 鶉 江戸時代後期

カテゴリー: 茶道具

商品のご紹介

布志名焼耳付茶入 歌銘 鶉 江戸時代後期 小堀蓬露内箱 小堀宗慶外箱 土屋雲善作 口径2.6 高サ6.6 胴径5.7 底径2.8  きめ細かい土を用い、全体的に薄造りに成形された愛らしい茶入である。瀬戸釉が光沢を帯び、また肩から胴にかけ白釉が見受けられ景色となる。畳付は糸切となっている。小堀蓬露公の箱甲には「鶉」と、箱裏には「あだにちる 露のまくらに臥しわびて 鶉も鳴くなり とこの山風」と引歌が記されている。遠州緞子の仕覆が添う。