商品の一覧

商品の一覧

古楽山伊羅保写茶碗

カテゴリー: 茶道具

商品のご紹介

古楽山伊羅保写茶碗 倉崎権兵衛作 口径15.5 高サ9.3 高台径6.7 高麗茶碗の伊羅保茶碗を、楽山焼初代倉崎権兵衛が写している。 赤く砂の交じった土を用い、全体的に厚手に仕上げている。高台脇にかけての釘彫と、広い見込には石ハゼも見受けられ、橙色の釉薬と相まって景色となっている。豪放な作風のなかにもおんぼらとした雰囲気が漂う茶碗である。 ※おんぼらと・・・出雲地域の方言で´穏やかな´という意味。